アレッテナンダッケ?

思い出せないアレや知っておくと自慢の小ネタ集

アレッテナンダッケ?
Pocket

プログラムの欠陥を「バグ」と言う理由

2018年07月11日
Pocket

パソコンが急に動かなくなったり、指定した通りに動かないなど、
プログロムのトラブルを「バグ」と言うのは何故でしょう。

スポンサードリンク

この「バグ(bug)」の意味は文字通りで「虫」「南京虫」ではあるが
何故そんな言葉がコンピュータで使われているのか、
ふたつの説があると言われている

ひとつは、コンピュータ開発初期当時の話
コンピュータが電気的なリレーで構成されていた時に
そのリレーの間に1匹の蛾が挟まった。

それによって電流が絶縁され、トラブルになったことから
「バグ」と言う言葉が使われるようになったと言うもの。

ふたつめは、南京虫が退治しても退治しても
次々に湧いてくることからにん由来するという。

その様子がプログラムの誤りをいくら修正しても
トラブルが次々と発生するするのによく似ていることから
この言葉が使われるようになったと言う説とのこと。

トラブルの元の虫はなくて済めば良いですね。

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です